竹表皮粉末 亜麻仁油 桐油
(きりゆ)
蜜蝋
(ミツロウ)


オイル仕上げのテーブルは年1回程度、
メンテナンスを重ねることで味わいを増していきます。
メンテナンス方法はこちらをクリック。↓↓↓

多少の傷やマジックなどの汚れも、ペーパーをかけることで、
比較的手軽に目立たなくすることが出来ます。
メンテナンス方法はこちらをクリック。↓↓↓



サイズと、色をお選びください

○テオリの家具製品は通常「ナチュラル(クリア色)」でメンテナンスしていただけます。
○150ml缶でテーブル1台を塗ることが出来ます。通常のテーブルでは天板だけのメンテナンスで十分です。
○「茶」・「黒」・「赤ベンガラ」は顔料を定着させ色移りを防ぐため、塗料乾燥後、ナチュラル(クリア色)を重ね塗りする必要があります。合わせてナチュラル上塗りをご購入くださいませ。

注意点

○使用したハケは塗料が固まるので中性洗剤で洗浄してください。
○ふき取りなどに使用した、ウエス(綿布)や新聞紙は、周囲の火気や火花等で、自然発火のする場合が有りますので、ビニール袋に入れ水に浸して処分してください。(※製品自体に自然発火性はありません。)
○シンナー等での希釈は絶対にしないでください。



竹表皮塗料 150ml


表示は税抜き価格です。

竹表皮塗料 500ml


表示は税抜き価格です。

ナチュラル 赤ベンガラ




○ステップ1
傷やマジックの汚れがある場合は、サンドペーパー(市販品:目の細かさ:#180〜#240) で仕上げます。
(傷がない場合はペーパーをしなくて結構です。)
(「茶」「黒」「赤ベンガラ」の場合はあまりツルツルに仕上げると、顔料のノリが悪い場合があります。あまりペーパーをかけ過ぎず、一通りまんべんなくかけたら、次の作業に移ってください。)


○ステップ2
オイルをハケやウエス(綿布)に少しずつつけて薄く引き伸ばすように塗り広げてください。塗料の付け過ぎは塗ムラになるので、少しずつ塗り重ねていくのがコツです。

 

○ステップ3
ある程度乾燥したら、ウエス(綿布)でしっかりと乾拭きをしてください。乾燥時間は季節によっても異なりますが、夏場で3分、冬場で10分程度です。

ふき取り前にあまり時間を置くと、表面の塗料が硬くなり拭き取りが難しくなります。オイルが染み込み大まかに乾燥してきたらふき取りの目安です。

塗装後は24時間程度で、塗料が完全に乾燥します。
1日テーブルを休ませてあげてご使用ください。

注意点
○使用したハケは塗料が固まるので中性洗剤で洗浄してください。
○ふき取りなどに使用した、ウエス(綿布)や新聞紙は、周囲の火気や火花等で、自然発火のする場合が有りいますので、ビニール袋に入れ水に浸して処分してください。(※製品自体に自然発火性はありません。周囲の火気によりオイルに火が付く場合があります。)
○シンナー等での希釈は絶対にしないでください。